YOSHIKAWA JUKUの想い

子供達が自由にボールと向き合える環境

私たちは、子供たちが伸び伸びと個々のオリジナリティを発揮できる環境作りに力を入れています。練習風景を見ていると、まるで『本気の遊び』のようにいきいきと時に熱くボールを触る姿があります。先に答えを教えるのではなく、実体験の中でどんなアクションを起こすのか。それはその子自身のアイディアです。子供たちには、小学生年代に重要なサッカーが楽しい!好き!上手くなりたい!という純粋な気持ちをたくさん育んで欲しいと思います。

 

技術習得の大チャンス‼︎              ゴールデンエイジだからこその練習メニュー

ゴールデンエイジの時期により多くボールを触る機会を増やしたいと考えています。ボールをたくさん触ることで、足のつま先の細かな神経が発達します。1回のスクール練習でどの子供たちもより長くボールが触れるように、練習メニューを組み立てています。枠に囚われない子供たちの自由な発想を引き出し、一生に一度しかないゴールデンエイジで徹底した足元の感覚を身につけていきます。

 

 

すぐに技を習得でき、爆発的な成長が見込める”ゴールデンエイジ”とは!?

ゴールデンエイジという言葉を聞いたことがありますか? 10歳から12歳までの運動能力が急速に発達する期間、まさに育成のスイートスポットといわれる期間のことです。

●ゴールデンエイジ

 

U-10からU-12年代は心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も即座に覚えることができます。「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、世界中どこでも非常に重要視され、サッカーに必要なあらゆるスキル(状況に応じて技術を発揮すること)の獲得に最適な時期として位置づけられています。 
              (JFAキッズ(U-8/U-12)ハンドブック引用) 


保護者の方へ

 

小学生年代に必要な指導や、サッカーと向き合う子供たちとの接し方について世界で発信されている情報をご紹介いたします。

ぜひ、お子様の成長とご自身の理解を深める知識としてご参考にしてください。

デンマークサッカー協会 少年指導10ヵ条

 

1.子どもたちはあなたのモノではない。

2.子どもたちはサッカーに夢中だ。

3.子どもたちはあなたとともにサッカー人生を歩んでいる。

4.子どもたちから求められることはあってもあなたから求めてはいけない。

5.あなたの欲望を子どもたちを介して満たしてはならない。

6.アドバイスはしてもあなたの考えを押し付けてはいけない。

7.子どもの体を守ること。しかし子どもたちの魂まで踏み込んではいけない。

8.コーチは子どもの心になること。しかし子どもたちに大人のサッカーをさせてはいけない。

9.コーチが子どもたちのサッカー人生をサポートすることは大切だ。しかし、自分で考えさせることが必要だ。

10.コーチは子どもを教え導くことはできる。しかし、勝つことが大切か否かを決めるのは子どもたち自身だ。

 

 

デンマークサッカー協会 親のための10ヵ条 

 

1.子どもたちが自ら望んだときに試合やトレーニングに参加させてあげましょう。

2.試合中はすべてのプレーヤーに励ましの言葉を送りましょう。あなたの息子さんや娘さんにだけではなく。

3.成功にも失敗も同じように声援を送りましょう。批判ではなく、ポジティブな声をかけてあげてください。

4.コーチの選手起用を尊重しましょう。試合中に選手起用について影響を与えようとするのはやめましょう。

5.レフェリーの判定を批判するのはやめましょう。

6.プレッシャーを与えることなくプレーに参加させてあげましょう。

7.試合の後は結果の話だけでなく、覚えているプレー、楽しかったシーンなどについても話し合いましょう。

8.節度を守り、分別のある行動をとりましょう。何事も度を越してはいけません。

9所属クラブの運営には尊敬の念を持って接しましょう。保護者と指導者間のミーティングでは、明確な指針を持ち、どのような態度で子どもに接するのかを話し合いましょう。

10.サッカーをプレーしているのは子どもたちです。決してあなた自身ではありません! 

 

 

(デンマークサッカー協会オフィシャルサイト引用)